• 新製品

    パナソニックが「元家電メーカー」と言われる日は来るのか?

    いろいろなところで報道された、パナソニックの「くらしアップデート業」宣言。
    しかし、これはモノに「標準品」と「特注品」があり、パナソニックは「『標準品』を『特注品』に変える、いわゆるカスタマイズすることを考えます。」と言っているともとらえることができます。かの「大パナソニック」が、それでいいのでしょうか?
    前後2回に渡って考えてみたいと思います。まず前編は、パナソニック社長 津賀社長が語ったことを紐解いて見たいと思います。 (さらに…)

  • レポート

    2018年のめっけんもん炊飯器、象印『炎舞炊き 5.5合』【太鼓判】

    炊飯器。
    日本の家電の御三家は、冷蔵庫、エアコン、洗濯機です。何故御三家ですかって。
    理由は簡単。この三部門の売りが大きいからです。当然、掃除機は、この三部門で勝利してからです。だからでしょうか、掃除機は、海外の専業メーカー、ダイソン、iRobotの後塵を拝します。
    しかし、別格が一つだけあります。日本人の魂とも言うべき、「炊飯器」です。 (さらに…)

  • 思うこと

    CEATEC JAPAN 2018、プレス認証は、パナソニックが担当

    パナソニック。弱電の雄であり、老舗4大総合家電メーカー(パナソニック、東芝、日立、三菱)の中では、唯一重電をやっていないメーカーです。
    IoTと盛んに言われる今、この4社の中で、やはり優位なのはパナソニックだと思っています。
    しかし、CEATEC JAPAN 2018のプレス認証に、パナソニックの顔認識機器が導入されたのには驚きました。 (さらに…)