新製品

「こんなもんでどうだ!?」
肩から力が抜けたオーブンレンジ「BALMUDA The Range」


冷凍を多用する日本の食卓。電子レンジがないとやっていけない人も多いと思います。
ところが、この電子レンジ。使う時は、解凍と下ごしらえが主。その上、マイクロ波で水分子を振動させて熱を出すという電子レンジの原理に対しての工夫が十分でないため、未だに温めが難しいモノもあります。豚まんなどはその典型です。要するに、50年以上の歴史を持つ上、数十万円もするのに、時たま「解凍ムラ」が出来てしまうのが現実です。(それでも便利ですが・・・)

「BALMUDA The Range」、左からブラック、ホワイト(43,500円(税抜))
ステンレス(54,500円(税抜))、現在ネット他で予約中。
出荷は11月中頃からの予定。



今回の「BALMUDA The Range」。それを踏まえ、見事な位割り切った造りになっています。
ここまで割り切られると、非常に清々しくもあり、帰って魅力が増大しています。
気になると言うより、いきなり欲しいオーブンレンジの候補に挙げられそうな新製品。それが「BALMUDA The Range」です。

ステンレスモデル。黒の台座の上に鎮座まします。



 

■レンジの機能は5つ

左セレクター。左より、「AUTO」「M」「飲み物」「冷凍ご飯」「解凍」、そして「OVEN」



レンジは大きく分けて、5つのモードは使えます。
1)AUTO
2)M(マニュアル、手動選択)
3)飲み物
4)冷凍ご飯
5)解凍

1)は、お弁当など、解凍していないものを自動で温めるモード。
2)は、ワット数(100W、500W、600W、800W)と時間を指定して温めるモードです。市販の冷凍食品は、2)で対応できます。
3)はコーヒー、ミルク、アツカン(熱燗)から選択。個人的にはヒトハダ(人肌、温燗)が欲しいです。
4)は1杯、2杯
5)50g単位で設定。半解凍も選択可能です。

これだけあれば、温め、解凍、下ごしらえは十分です。
いろいろ付いているメーカーが多い中で、ある意味シンプル。
シンプルは使いやすさに通じます。

 

■オーブンは、単純に言うとマニュアル

100℃〜250℃まで、10℃単位。説明してくれた方によるとコンベクション型。
ねだれば、300℃と言いたいところですが、使う時はかなりレア。250℃で90%以上はOKなはず。しかもコンベクション型とくれば尚更です。

オーブン用にガラス管ヒーターが見える。



右ダイヤルで、温度、時間を設定できる。



こんな感じに設定できる。



オリジナルの料理レシピがないところがミソで、汎用的と言う意味では高いとも言えます。

 

■遊びをせむとや生まれけん

そして、作りは17L。サイズは大きめですが、小さいと断熱性が低く、何これという位熱くなるときがありますので、とりあえずはOKです。

しかし、ここから先の話は、ちょっと独特なものがあり、「えっ」と思いました。
実は、この「BALMUDA The Range」、ムダにスゴいのはここから。
先ほど、AUTOとか、Mとか書きましたが、それは左手のモードセレクターで切り替えます。
この時の音が、実はアコースティック・ギター。
そして右手で、温度、時間などを設定しますが、音はドラム。
ジャンジャン、ドカドカ。音楽を演奏しているようなモノです。
妙に音がイイのですが、それは台座の中に、専用スピーカーが仕込まれているからです。穴は音を外に出すための穴。

台座の穴は、「音用」!!



正直、ムダにスゴい。
「チン」と言う音は、単に終わったという合図ですから、ホラ貝を鳴らそうと、AKBに歌ってもらおうがいいのですが、それで台座を別に設け、スピーカーまで入れ込むとなると、かなり面白い。
私は好きですね。

終了時には、「ENJOY(食事を楽しんで!)」の文字が・・・。



白物家電は、質実剛健、無口な働き者がイメージですが、のっているときはハナ歌混じりで料理したりします。余裕ですが、ステンレス以外は43,500円(税抜)なので一応良しとしたいと思います。

ちなみに庫内の円は、皿の位置ではなく、レコードをイメージして書いて見ただけとか。念が入ったことです。

庫内底面の画。モチーフはレコード。



取っ手には、LEDが埋め込まれ、ちょっちSた高級感が感じられる。



 

■力を入れない日常料理

私が、これでイメージしたのは、「力を入れない、ちょっと底上げされた日常料理」です。
毎回の食事に全力投球だと、お金も時間も足らなくなります。
これだと、同じ温めるだけでも。ちょっとイイ感じとなる気がしますね。それは性能云々より、「余裕」のなせる技と言えると思います。

 

これが、私の「BALMUDA The Range」への第一印象です。
しかし、使い勝手も含め、それが正しいかは、使わないと分かりません。
その内に、借りてテストをしてみたいと思います。

が、「こんなんでイイじゃん。力入れなくてイイじゃん。」と言っている自分がいるのも事実です。
かなり気になるオーブンレンジです。

 

商品のより詳しい情報は、バルミューダのホームページにてご確認ください。
https://www.balmuda.com/jp/

 

実物を御覧になりたい人は、9月7日(水)~12日(火)の6日間、東京 渋谷区 代官山 T-SITE GARDEN GALLERYにて、オープンされるポップアップストア「BALMUDA The Kitchen」をお勧めします。



#バルミューダ#オーブンレンジ#BALMUDA The Range#

2017年9月8日

タグ: , , , ,