ニュース

アクア、モフモフなペットと上手くやっていくためのスティッククリーナー 『 Pet Primo ( AQC HF501)』を発売。


アクアから、6/1(水)に 、スティッククリーナー『Pet Primo(AQC HF501)』が発売されます。
これは2020年4月に発売した スティッククリーナー「AQC HF500」の後継機種で、当モデルは、ペットの毛を吸い取る時の毛絡みを軽減する仕様が特長でした。
今回発売される「AQC HF501」は、その特長を踏襲しつつ、細かな仕様変更を行い、使い勝手を向上させたモデルです。
 
 
■変わったところと特徴
●ぺットネーム変わりました
メーカーとしては当然、自分が作った製品に自信がありますし、皆様に使ってもらいたいと思っています。そんな人口に膾炙させるために使われるのがペットネーム。家電の本名は型番(「AQC HF500」などです)。アルファベットと数字の組み合わせで、誤りを防ぐことを第一に考えています。このためモデルが増えれば増えるほど、型番は長く複雑になります。可愛げも、色気も何もありません。

ここで登場するのが、ペットネーム、愛称です。アクアが「AQC HF500」発売時に選んだのは「for pet lovers」。日本語で「ペットを愛する人へ」ですから、意味は通じるのですが、収まりがすこぶる悪い。この手の名前は短い方がイイに決まっています。結局、そんなには使われませんでした。
今回は、「Pet Primo(ペット プレモ)」。「プレモ」はイタリア語で「一番に」という意味です。先のペットネームよりかなり上手い。今や地球の標準語になっている英語からイタリア語へ変更したのは、韻が優しいという意味もありますが、このモデルの共同開発先であり、同じ ハイアールグループ傘下の Candy Hoover グループの本拠がイタリアであることも一因だそうです。Candy Hoover グループの掃除機は、欧州ではメジャー。一流どころ。スタイリッシュと高性能の両立にも一役買っています。

 
●「ケトリゴム」でペットの抜け毛もしっかりキャッチ!
ゴムのペットブラシに着想を得た「ケトリゴム」を床用ノズルのアタッチメントと、ハンディ用ノズルに
採用。ジュータンやクッションなど、布製品の掃除に最適です。繊維に絡まったペットの抜け毛もしっか
りと掻き取ります。
 
●ゴミが絡みにくい「ハイブリッド回転部」
ブラシとラバーの二重構造で大きなゴミから微細なホコリまで吸い込む「ハイブリッド回転部」は、ブラシ
に絡まりやすい糸くずなどの細かいゴミをラバーの羽根でほどきながら回転し、パワフルに吸い込みます。
また、ブラシの先端をストレートカットすることでブラシへの毛絡みを低減させています。
 
●水洗いもできて安心。部品を抗菌仕様に ブラシやダストカップ、フィルターは水洗いができます。
また「ハイブリッド回転部」のブラシ毛には抗菌剤を添加して抗菌性を持続させ、細菌の増加を抑えます。

 
●イタリアのセンスを取り入れたデザイン

●正面からもイカしています。


●本体へ、通常ヘッドを装着。
近い目線でも使えます。


●通常のハンディ掃除機としても活躍します。


●ソファ、ベッド用のヘッドも有ります。


 
商品のより詳しい情報は、以下のURLでご確認ください。
https://aqua-has.com
 
 
✳︎レポートモデルとは関係ありません。

 

 
#ホームケア #掃除機 #アクア #スティッククリーナー #スティック型掃除機 #Pet Primo #ペット #AQC HF501 #毛絡み軽減 #生活家電.com

2022年5月21日

タグ: , , , , , , , ,