豆知識

ミラーレスカメラは、スポーツ撮りに向かないのか?
フジフイルム X-T100で試してみた


プロカメラマン、特にスポーツなど「一瞬」に勝負を掛けるカメラマンは、「一眼レフ」を使います。これは一眼レフが光学ファインダーを使っているからです。

「ファインダー」というのは、カメラに取り付けられたのぞき窓のことです。今は、液晶画面で確認するのが一般的なので、ほとんどの場合、無用の長物と化しています。
しかし、ファインダーを使うと、カメラとの一体感はすごく強くなります。集中力も増します。カメラのシャッターを押す行為をシュート(射る)と呼びますが、まさに、弓、銃で狙いを定めた画にズトーンという感じです。
で、思った通りの画が撮れたときは、快感ですね。まさに仕留めたという感じがします。

 

■「一眼レフ」は「光学ファインダー」を使う
デジタルカメラはレンズで、その光を集め、CCD(撮像素子)が映像データー化し、それを記録します。ただ、それだけだと、どこをどんな感じで写しているのか分かりません。それを確認するのが、液晶画面であり、ファインダーです。

プロが愛用する一眼レフは、撮影レンズを通った光をミラーで反射し、その像をファインダーで確認することができるカメラです。シャッターを切るとレフ板(反射板)が移動し、CCDの方へ光を流します。つまり、直前ギリギリまで見ていた画が、CCDに写るわけです。この時間がものすごく短いわけです。外から入ってきた光をそのまま使うので、光学ファインダー。

対になる言葉は、電子ファインダー。こちらは、CCDに光は当たりっぱなしです。その映像を液晶画面に映し出します。ファインダーの中の小さな画面に映し出されると電子ファインダーと呼ばれますし、当然、同じ画面を液晶モニターにも映し出します。

これのどこが悪いのかというと、映像処理に時間が掛かるため、前の画を見てシャッターを押すことになります。つまり、早い動きに付いていくことができない。
便利であることと、そんなに速い動きを余り撮影しないため、カメラメーカーは重い一眼レフでなく、実用性に優れたミラーレス(レフ板=反射ミラーがないと言うことです)カメラを推しているわけです。

 

今回、古いカメラが壊れたため、新しいミラーレス(富士フイルム X-T100)を入手。中級機ですね。テストを兼ねて大相撲を撮影してみました。

 

■立ち合いが撮れない
大相撲の写真は、余りキレイに決まっているというのはないです。特に寄り切りは画になりません。決まる瞬間、負け力士は脱力しているので、雰囲気が情けなことが多いのです。

ではと言うことで、大相撲の醍醐味の一つに立ち合いに挑戦です。150kg近い大きな力士が、ぶつかる瞬間ですから、これはカッコイイのが撮れるに違いない!

ということで、ファインダーを覗き、呼吸を測りシャッターを・・・。
モニターで見ると、組み合った後、要するにシャッターのタイミングをそこに合わせた積もりが、全然遅れたわけです。

力士の立ち合いスピードの速さを改めて思い知りました。

 

■ならば、連写でフォロー
しかし、そこで手をこまねいては、ダメです。
しからば、と言うことで、連写機能にすがることにしました。
X-T100の画素数は、2424万画素。結構大きめの画像です。このため高速連写でも約6.0コマ/秒が限度。しかも連続だと約26コマ。要するにシャッターは0.17秒に1回。4秒しか撮影できないということです。ここら辺が、限度のようです。

相撲は、刹那の格闘技ですが、4秒しか撮れないとなると、厳しいです。

 

■大相撲の1秒
文字で、1秒を並べ立てても分かりにくいので、写真で1秒を見て見ましょう。
今場所優勝した玉鷲と碧山の一戦です。







これで1秒ですから・・・。力士の動きが如何に速いかが分かります。

ちなみに、大相撲の力士は、自分の意志で立ちます。行事の軍配やかけ声は関係ありません。相手との呼吸を測り、ここぞと言うときにバッとぶつかるわけです。この呼吸がある程度読めるので、まだ写真が撮れたわけです。

そう言う意味でも、一眼レフの方がいかに、シャッターチャンスに強いか、お分かり頂けると思います。

 

■未来のデジカメは?
これが、私の新しい相棒「X-T100」の実力です。
この実力の多くは、画像処理速度、画像保存速度などが原因です。将来それがクリアしたら、一眼レフに素晴らしく近い、ミラーレスがあるかも知れません。

また撮影は、全部高速連写で撮影。あとでいいとこ取りが一般的になるかも知れません。

しかし、今の能力は、4K画像でも、15フレーム/秒の処理能力です。
手頃な価格のミラーレスで好きに撮れるのは、5年以上先のように感じます。

ま、相棒の性格が良くわかった面白い体験でした。

お気に入りの1枚。貴景勝が隠岐の海を、押している所。



 




#映像家電 #デジカメ #ミラーレス #一眼レフ #スポーツ撮影 #フジフイルム #X-T100 #生活家電.com

2019年2月2日

タグ: , , , , , ,