ニュース

アイリスオーヤマ、モップ付きの二刀流クリーナーの取り回しを考えた「極細軽量スティッククリーナー」上重心タイプを発売


アイリスオーヤマ(株)から、狭い場所でも軽い力で容易に取り回しできる「極細軽量スティッククリーナー」上重心タイプが発売されました12月20日発売


2018年6月に発売した「極細軽量スティッククリーナー」高機能タイプは、 静電気を発生させるモップを本体に付属、1台で部屋全体の床掃除とモップ掃除が同時にできる“二刀流クリーナー″として好評の内に市場に受け入れられています。

その二刀流クリーナー第二弾として、狭い場所でもより手軽に床掃除ができ、階段や段差などの掃除の際に手にかかる負担を軽減する「自走式パワーヘッド」を搭載した上重心タイプのコードレススティック掃除機が発売されます。

 

今回発売のモデルは、自走式パワーヘッドと上重心の採用、業界最高水準の軽さ2018年11月現在。日本国内の家庭用スティック掃除機(パワーヘッドタイプ)において。アイリスオーヤマ社調べ。:1.6kgの実現により、取り回しが容易で畳やフローリングなど様々な床に対応し、ソファや家具の下など狭い場所でもより軽い力で細かいゴミまで吸引できます。また、ヘッド関節部分の設計と本体バランスの見直しにより本体が自立するので、モップ掃除や床掃除の合間に別の作業を行う時に、スタンド設置や壁掛けをせずに床に仮置きできるため、より効率的に清掃できます。

 

商品特長は以下の通り。

■軽い力で掃除可能な自走式パワーヘッド搭載
自走式パワーヘッドを搭載により、ブラシが回転する力で畳やフローリングなど様々な床をヘッドが自走するため、力を入れることなく、手軽に床掃除ができます。
また、業界最高水準の軽さ:1.6kgの実現と小回りの利いた掃除ができる上重心タイプの採用により、ソファや家具の下など狭い隙間、階段などの段差でもより軽い力で手軽に掃除をすることができます。さらに、真空度を高めたヘッドでダストピックアップ率JIS C9802に定められている「じんあい除去能力」の測定方法に準拠したアイリスオーヤマの試験。硬い床からのじんあい除去能力を測定。:99%以上を実現し、加えてパワーブラシにより、カーペットなどに絡まった糸ゴミなどを回転ブラシで掻き出すため、より細かなゴミまで吸引できます。


●ヘッド関節部分の設計と本体のバランスの見直しにより、本体が自立。
両手を使って他の作業をする際、一時的に掃除機を立てておくことができます。


●紙パック式を採用
ゴミ捨てを簡単且つ衛生的に行うことができ、細かい塵やホコリが舞い上がりにくい仕様。


●ほこり感知センサーを搭載
ゴミの量を確認しながら掃除できます。

 

●ハンディタイプとして使用可能
延長パイプを取り外すことで、ハンディタイプとしても使用でき、ソファのすきまや棚の間、車内など狭い場所にも対応します。


 

共通特長は以下の通り。

■独自開発「静電モップクリーンシステム」採用
モップを付属することにより、テレビのまわりや棚のホコリなど床以外の気になる箇所を、掃除機をかけながら同時に掃除できます。
モップには帯電しやすいポリプロピレン素材を採用。付属しているナイロン製のモップ帯電ケースで静電気を発生させることでホコリを吸着しやすく、 掃除機だけでは取りきれなかった細かな部分のゴミまで除去できます。
使用後はスタンド下部にホコリの付いたモップを差し込むと、金属製の放電プレートが除電し、掃除機本体でモップに付いたホコリを吸引します。さらに、モップには特殊な加工を施した繊維を採用しているため細かなホコリまで吸着し、洗って何度でも使用できます。モップの長さは伸縮できるため、 高い場所にも対応します。




 

■商品仕様
※ 満充電時、 バッテリー初期20℃の環境において。 使用環境により連続使用時間は異なります。

 

商品のより詳しい情報は、アイリスオーヤマのホームページにてご確認ください。
https://www.irisplaza.co.jp/index.php?KB=091014efeel#range

 




#ホームケア #アイリスオーヤマ #スティック型掃除機 #極細軽量スティッククリーナー #上重心タイプ #モップ掃除 #二刀流クリーナー #自走式パワーヘッド #コードレス #KIC-SLDCP6 #生活家電.com

2018年12月27日

タグ: , , , , , , , , ,