ニュース

アイリスオーヤマ、黒物家電事業に新規参入
4K・HDR対応 液晶テレビ「LUCAシリーズ」7機種を発売


アイリスオーヤマ(株)から、2019年の「黒物家電事業」本格参入に向けて、4K対応テレビ4機種、フルハイビジョンテレビ2機種、ハイビジョンテレビ1機種が、2018年11月22日より発売されます。

アイリスオーヤマは、創業60周年。新社長 大山晃弘のもと、中期経営計画「2022年グループ売上高1兆円」を目標に掲げました。計画達成のためには、より一層の事業のグローバル展開と総合家電メーカーとしての利益拡大が喫緊の課題となります。

このためアイリスオーヤマは、大手家電メーカー出身の技術者を積極的に採用することで技術を蓄積してきた「大阪R&Dセンター」の家電開発や品質管理のノウハウを最大限に活用することにより「黒物家電事業」に新たに参入するという。

今月末には、アイリスグループの更なる事業拡大に向けた研究開発拠点として東京都港区に新オフィス「アイリスグループ東京本部(以下、東京R&Dセンター)」を新設。従来の国内研究開発拠点である宮城県角田市と大阪市の2つの事業所に加え、LED照明と家電製品の研究開発拠点を東京に新設することで、新商品開発力の強化を通じて、更なる成長に向けたビジネスチャンスの創出と拡大を図ります。

今回発売の4K対応テレビ「LUCA(ルカ)シリーズ」は、アイリスオーヤマ独自のチューニングにより、見たままの自然な色合いを忠実に再現した液晶テレビです。4K解像度(3,840×2,160)のパネルを採用して、明るい部分をより明るく、暗い部分をより深い黒で表現でき、細部まで高精細な画質を実現しています。

注意)
2018年12月開始の「新4K8K衛生放送」は、テレビ単体では受信できません。別売のチューナーを追加することで受信できます。

 

商品の特長は以下の通り。
■色彩豊かな質感とディティールを自然に再現
自然の色彩と美しさを引き出す為、独自のチューニングにより、過度な鮮やかさを抑え、自然な美しさが目にもやさしい映像を実現しています。

 

■HDR対応でより自然な美しさを実現
現在、放送されているテレビや番組やブルーレイなどの映像は、ブラウン管を基準とした明るさの基準で、明るさを抑える必要があります。今後増加が期待されるHDR映像は、表示できる明るさの基準が上がるため、色の表現力も上がり、一層美しい映像が楽しめます。

 

■HDDを2台接続可能
USB端子を2系統搭載しているため、複数の録画コンテンツを保存できます。

 

■「外付けHDD裏番組録画」対応
別売のUSBハードディスク(HDD)を接続するだけで、手軽にテレビ番組の録画が可能です。 2チューナー搭載により1番組視聴中に裏番組を録画できます。

 

■商品仕様

 


 

商品のより詳しい情報は、アイリスオーヤマのホームページにてご確認ください。
https://www.irisohyama.co.jp




#情報家電 #テレビ #アイリスオーヤマ #黒物家電 #4K #フルハイビジョン #ハイビジョン #生活家電.com

2018年11月6日

タグ: , , , , , ,