新製品

東映、VAIO、クラフターが進めるVRシネマ。
STU48のリアクションで、そのインパクトを計る


東映、VAIO、クラフターが進めるVRシネマ。次世代映画の一つの方式です。
自分が、その場にいるような体感感触は、新しい映画と言ってもイイと思います。
どれ位の感覚なのか、STU48の皆さんのリアクションで、感じて頂けたらということで、理屈抜きのレポートします。

本日、参加してくれたSTU48のメンバーは5名。
石田みなみさん、今村美月さん、田中皓子さん、土路生優里さん、藪下楓さん。
撮影位置の関係で、土路生優里さんのリアクションを中心に説明します。

VR映画のタイトルは、「夏をやりなおす」。いわゆる学園モノ アニメです。
ネタバレしないように最低限のショットで。

入場してきたところです。同じ壇上にチームメイト5人。和気藹々という感じです。

左)田中皓子さん、中)土路生優里さん、右)藪下楓さん。



3D眼鏡と違って、装着が面倒です。



「まず、『マスク』を付けてっと』。
皆、神妙な面持ち。



チェックをして、OKサインを出す、土路生さん。
いつでも、女の子です。



VRゴーグルを装着したところ。誰が、誰だか分かりませんし
やはりちょっと妖しさが立ち上ります。



映画の主人公。2D変換映像。下はSTU48のメンバーを
照らすライトが当たっています。



 

この時のメンバーは、あっちをキョロキョロ、こっちをキョロキョロ。
これはVR世界を見廻しているため。
(VRは世界創造しますので、空が途中で途切れることなど、ありません。)



一通り、見廻すと、ストーリーに沿い、同じ方向を見るようになります。



かなり描き込まれた背景が、一つの見ものです。
VAIOの本社がある安曇野の様な風景。



物語が進み、ちょっと怖いシーン。土路生さん、拝みます。



事件が始まりそうなシーン。



クライマックス時の、石田さん、今村さん。肩を寄せ合います。



足まで上げてしまいました。



クライマックスの土路生さん。藪下さんの手を握りしめています。



終わって、髪の毛の乱れを直し、アイドルにもどる土路生さん。



こんな感じです。
そうですね。感じで一番近いのは、ディスニーランドのムービーアトラクションかも知れません。

何事もなかったかのように、ニッコリ!



 

実際の映画は、上記「夏をやりなおす」を含む、短編3本立て。
「おそ松さんVR」に、エヴァの「evangelion: Another inpact (VR)」。
7月2日より、新宿「バルト9」で、2回/日の先行体験上映。3本まとめて、1500円。


この夏、新体験が、君を待つ!(映画の惹句調で)

 

VRCC(VRシネマティック コンソーシアム)コンテンツ制作、劇場興行に関する問い合わせは、以下のところで
info@vr-eiga.com






#映像 #東映 #VAIO #クラフター #VRシネマ #次世代映画 #STU48 #バルト9 #生活家電.com

2018年6月26日

タグ: , , , , , , ,