ニュース

象印、かまどの激しい炎の「ゆらぎ」を再現。
圧力IH炊飯ジャー『炎舞炊き』NW-KA型を発売


象印マホービン(株)から、かまど炊きの激しい炎の「ゆらぎ」を再現した圧力IH炊飯ジャーNW-KA型“炎舞炊き(えんぶだき)”が、10サイズ(〜5.5合)、18サイズ(〜1升)のラインナップ、オープン価格で、2018年7月21日から発売されます。

象印マホービン 圧力IH炊飯ジャー
NW-KA型 “炎舞炊き(えんぶだき)”
左)黒漆(くろうるし)、雪白(ゆきじろ)



当モデルの開発にあたって、象印は、炊飯の原点に立ち返って「かまど炊き」を再度検証したとのこと。かまどの炎が激しくゆらぎながら、釜を部分的に加熱していることに着目し、これがかまどで炊いたごはんのおいしさの秘訣の1つと考えました。

そして、業界で初めて2018年5月31日現在 家庭用炊飯ジャーにおいて 象印マホービン調べ本体底のIHヒーターを3つに増強させ、それぞれのヒーターを独立制御する「ローテーションIH構造」を搭載。これにより、かまどの炎の「ゆらぎ」を再現するとともに、従来モデルと比べて単位面積当たり4倍以上中パッパ~沸とう維持工程の単位面積当たりの火力比較 2017年象印製品:NW-AT10型 3.0W/㎝²とNW-KA10型 12.5W/㎝²との比較。(象印調べ)単位面積当たりの火力算出方法=中パッパ~沸とう維持工程の平均電力(W)÷底IHヒーター加熱面積(㎝²)×発熱効率(電波法に定める電磁調理器の高周波出力測定方法にて測定)の大火力での炊飯させています。

これらが激しく複雑な対流を起こし、釜内のお米を大きくかき混ぜることでお米の甘みをしっかりと引き出す新しい炊き方=“炎舞炊き”を開発しました。

また、内釜も業界で初めて2018年5月31日現在 アルミ、ステンレスのクラッド材に鉄をはさんだ釜として 家庭用炊飯ジャーにおいて 象印調べ。、IHと相性が良い「鉄」素材を、熱伝導率の高い「アルミ」と蓄熱性・耐久性に優れた「ステンレス」の間に仕込んだ『鉄~くろがね仕込み~豪炎かまど釜』を採用。

象印の最高級モデルとしては、8年ぶりの10サイズ(~5.5合)・18サイズ(~1升)の2サイズで展開となります。

 

新製品の特長は以下の通り。

■かまどの炎の「ゆらぎ」と「大火力」を再現した新しい炊き方“炎舞炊き”

かまど炊きでは、強い炎(=大火力)がゆらぎながら釜に当たり、部分的に高温となることで、釜内に温度差が生じて激しく複雑な対流が起こります。この炊き方を再現するために、従来は炊飯ジャー本体底部に1つのみ搭載していたIHコイルを、新製品では3つに増強。部分的な集中加熱を行うため、それぞれのヒーターを独立制御する「ローテーションIH構造」による炊き方“炎舞炊き”を業界で初めて開発し、かまどの炎の「ゆらぎ」を再現しました。

サーモグラフィーで、釜内に温度差があることを確認。



炎の当たり方 イメージ。





“炎舞炊き”では、従来品と比べて単位面積当たり従来品の4倍以上の大火力で釜内のお米を大きくかき混ぜ、α化を促進。甘み成分である還元糖は、約3%甘み成分の一つである還元糖量。NW-KA型を使用し、うまみプラスプラチナコートなしの内釜と内ぶた使用時0.131mg/gとうまみプラスプラチナコートありの内釜と内ぶたあり使用時0.135mg/gを比較。測定機関:東京農業大学。測定方法:2017年度産コシヒカリ使用。ごはんに純水を加えかくはんし、かくはん後の抽出液をソモギー・ネルソン法にて定量した。ごはん1gあたりに換算。白米ふつう3合炊飯時。数値は使用条件(お米の銘柄・水の量など)などによって異なります。アップしました。

さらに、炊き上がったごはん粒の大きさもアップ富山県産コシヒカリ 白米ふつう3合炊飯時。当社自社基準による当社調べ。。よりふっくらとしたごはんがお楽しみいただけます。

 

● “炎舞炊き”を活かす『鉄 ~くろがね仕込み~ 豪炎かまど釜』を採用

かまどの炎を再現した炊き方“炎舞炊き”を活かすために必要なのは、蓄熱性・発熱効率・熱伝導率の3つのバランスがとれた内釜。そこで新製品NW-KA型では、IHとの相性が良く発熱効率や蓄熱性が高い「鉄」と、熱伝導性の高い「アルミ」、IHの発熱を効率よく活かし、蓄熱性・耐久性にも優れた「ステンレス」を業界で初めて組み合わせました。

また、内釜の形状も“炎舞炊き”に合わせて一新。羽釜の要素を取り入れて、釜のふちを特に厚くし、釜側面の熱が逃げるのを抑え効率よく加熱するとともに、平らな面と斜めの面を併せ持つ大火力に適した底形状が、激しい泡の対流を促進します。
なお、長期間安心してご使用いただけるよう、内釜の保証期間は5年内釜のフッ素加工が対象。取扱説明書の記載事項にそわない使い方をされた場合は対象外です。としました。


 

■まるで“玉手箱”のような、上質なデザイン

新モデルでは本体デザインも刷新。コンパクトでキッチンにすっきりと納めたくなるような形状、かつ上質感のある“玉手箱”のようなデザインに仕上げました。ダークトーンのキッチンにも合わせやすい、和を感じさせる<黒漆(くろうるし)>と、清潔感とやさしい印象の<雪白(ゆきじろ)>の2色展開です。

黒漆(くろうるし)と雪白(ゆきじろ)



 

■よりお好みの食感に炊き上げる「わが家炊き」メニュー

前回炊いたごはんの感想を入力することで炊き方を細かく調整し、お好みの食感に進化していく121通りの「わが家炊き」メニュー。従来モデルでも多くのユーザーからご好評をいただいていましたが、新モデルではその炊き分け範囲をさらに拡大2017年当社従来品NW-AT10型との比較しました。


“炎舞炊き”に用いる「大火力」、「底IHヒーターの制御」、「炊飯時間の調整」の技術を活用し、121通りはそのままに炊き分け範囲を拡大することで、より多くのユーザーの好みに対応しました。

 

■文字がくっきり見やすい、バックライト液晶
炊飯ジャー本体の液晶を従来品から白黒反転し、視認性が向上しました。


 

■用途やお好みに合わせて選べる、多彩なメニュー
忙しい朝の炊飯やお弁当用のごはん、健康志向の玄米など、シーンや好みに合わせて選べる様々なメニューを搭載しています。
白米特急 わずか約15分1合で炊いた場合で白米を炊き上げます。
熟成炊き (白米・玄米 お米の芯までじっくり吸水させ、お米の栄養素を引き出します。
お弁当 中パッパ工程で1.3気圧の高圧力をかけ、冷めてもかたくなりにくいごはんを炊き上げます。
やわらか よりやわらかい食感がお好みの方に適したメニューです。
玄米 皮のかたい玄米も、高圧力炊飯により、もっちりとした食感に仕上げます。
 

その他の特長
● におい残りを軽減する、「クリーニング」機能を搭載
● しゃっきりからもちもちまで、好みの食感に炊き上げる「7通りの炊き分け圧力」
40時間おいしく保温できるメニューによって異なります。「極め保温」、あたたかいごはんが食べられる「高め保温」「保温なし」選択
● 吹きこぼれを抑えて大火力炊飯を実現する「うまみプラスプラチナコート内ぶた」+「うるおい二重内ぶた」
● 「蒸気口セットなし」「フラットトップパネル」「フラットフレーム」でお手入れが簡単
● 指紋が目立ちにくいシボ加工を施したフックボタン

 

■主な仕様

 

商品のより詳しい情報は、象印マホービンのホームページにてご確認ください。
http://www.zojirushi.co.jp






#調理家電 #炊飯器 #象印マホービン #象印 #ゆらぎ #圧力IH炊飯ジャー #NW-KA型 #炎舞炊き #えんぶだき #生活家電.com

2018年6月4日

タグ: , , , , , , , ,