新製品

「低糖質」へ楽々アプローチ!ツインバード工業×鳥越製粉の、鳥々コンビが酉年に低糖質ブランパン対応ホームベーカリーと専用パンミックスを発売


最近流行の「低糖質」。
健康のためには、「カロリーより低糖質」ということで、女性にかなりの人気とか。
そのニーズにアプローチしたプロジェクトが発表されました。

■カロリー制限ではなく、糖質制限

最近、健康にイイとされるようになった「糖質制限」。
今までの「カロリー制限」とは違いますね。

カロリー制限食の場合、総カロリー数を下げ、中身の割合を糖質60%、脂質20%、タンパク質20%がイイそうです。糖はデンプンから作られますので、主食、お米、パンのことだと思ってください。主食:60%は、おかず少なめだとアッサリ達成します。
腹八分目を守るという感じでしょうか?

これに対し、糖質制限は、主食を少なくするわけです。
こうすると体の中でどうなるかというと、まず糖質を摂るとします。
すると、血液中のブドウ糖(血糖)をエネルギーに変えようとして、インスリンが大量に追加分泌されます。
インスリンは生きていくのに必要不可欠ですが、別名「肥満ホルモン」。多く出すぎると体に、メタボ、肥満、糖尿業などの悪い影響を与えてしまいます。
ここをコントロールしようと言うのが、ミソです。

DSCF0262

ご飯一膳で、角砂糖13.8個分の糖質。
なんかスゴい!



■ブラン(ふすま粉)とは?

その糖質制限の中で注目を集めているのが「ブラン」。
小麦粉にしない、表皮の部分のことです。

一番大きな特長は、「美味しくない、パサパサしている」ことでしょうか?
小麦にしろ、お米にしろ、美味しくしるために、不味いところ(糖質が少ないところ)は捨ててきました。言い方はよくないのですが、プランというのは、そんな部分です。

これを逆の言い方をすると「糖質少なく(小麦粉に比べ84%オフ)」「植物繊維が多い(10倍)」。その上、「たんぱく質が4倍」だそうです。

このため、ブランパンは主食として量を取ることが出来ます。
糖質制限1食の目安は、40gだそうです。
白米だと108.7g、食パンだと89.9gしか食べられないのですが、ブランパンは、711g。
これでもかという位、食べることができます。

DSCF0232
 

■ブランパンを手に入れるには・・・

では「早速」と、ブランパンを買いに行くとします。
正直、結構大変。
結構品切れています。
粉からして違うわけですから。ありそうなこと。

何軒か周りあったとしても、そう味は「美味しくない」!
労力が報われないような気になるのは、私だけでしょうか?

 

しかし、料理のセオリーは、焼きたて、作りたてを、温かいうちに食べることです。
カレーとか、馴染みが必要な料理は違いますがね。

早速、「ブランパン、レシピ」で検索。
結構ヒットします。
中身は、通常食パンの材料に、オールブランをちょっと加えるモノから、かなり大胆なものまで。本格的にするとなると、「グルテン粉」なども買ってこなければなりません。

ずっとこれしか食べないのなら、いいのですが、例えば、朝はパン系、夜はご飯系にするとなると、材料はなるべく兼用したいモノ・・・。
どうしたものかと、思ってしまいます。

 

■専用パンミックスと対応ホームベーカリー

こんな時便利なのは、予め混ぜ合わせてあるパンミックスです。
こちらを受け持ったのは、「鳥越製粉」。

DSCF0244
粉のパッケージではなく、おしゃれパン屋さんのようなクラフト袋に入っています。
袋の中には、低糖質パンミックスが1斤ずつ包装され、3斤分。またドライイーストも1斤分ずつ3斤分入っています。
ホームベーカリーの場合、材料はあっても、計量が面倒な時もあります。1斤分毎、入れるだけは大いに助かります。

20170120 TW ブランパンホームベーカリー 発表会_003
対応ホームベーカリーは、「ツインバード工業」側の受け持ちです。
こちらは、通常のホームベーカリーに、ブランパン専用モードを搭載しています。
正直、食パンと全く中身が違うので、ブランパンは手焼きが多いです。
そうすると、完全な趣味の世界で、世知辛い今の生活にはあいません。

 

 

■お得なのか?

ざっと計算してみましょう。
ローソンフレッシュで、冷凍のブランパンが、5個400円。
中の糖質分表示から、1個 約80gと検討が付きます。
パン1斤は340g以上と定められています。
元々パンは、1ポンド(听:453.6g)で1斤が、イギリスで用いられていました。
ま、ざっと400gと思って頂いてもいいでしょう。
今回は、3斤分、1,200円(税抜)だそうで、ほぼ同価です。

DSCF0228

今回は、ツインバードのプレゼン資料と、
ローソンフレッシュのホームページより、算出しました。



ただし販売は、ツインバード・ストアでのネット販売になるとのこと。
ここは送料工夫が欲しいです。

ホームベーカリーの方は、20,000円(税抜)。
こちらはホームベーカリーの市場価格として平均位です。

 

ちなみに何度も、この様な計算をしていますが、材料を大量に使わない家庭が、工業食品の価格に追いつくことは、まず無理です。それを今回は、同等、もしくは少し高い程度で抑えています。これはかなり意欲的な価格と言えます。

 

■飽きない工夫

人間は、弱い生き物で、途中で止めてしまうことが多いものです。
その中、炊いたお米、焼いたパンが、主食になったのは、地道に美味しい上、飽きないからです。

正直、ブランパンは、通常のパンより美味しくありません。
それは低糖質だからなのですが、そう言うと身も蓋もありません。
しかし糖質のないおかずは、かなり取っても問題ありません。

ということで、このベーカリー、2週間分の朝食レシピが付いています。

DSCF0326

場内で展示されていた朝食サンプル。かなり美味しそう。



レシピブックで一番使えないのは、事典型で適当に詰められたものです。
何故かと言うと、材料の種類が多岐に渡るからです。

連日レシピというのは、そうではありません。
材料より、味付け、調理に工夫しますね。
各人に対し、満足行くものかは分かりませんが、なかなか面白い視点のレシピ集です。

 

商品のより詳しい情報は、ツインバードのホームページにてご確認ください。
http://www.twinbird.jp

2017年1月22日

タグ: , , , ,